中古軽自動車はすごい!10万キロ以上なんて珍しくもない

また車を買う予定もないのに中古車ディーラーの展示場を何箇所かめぐってみました。
まずは次の中古軽自動車の値段を見てください。
軽自動車の柔なイメージが吹き飛んでしまいますよ。

<車名> <年式> <走行距離> <車両本体価格>
ムーヴ  2005年式 11.6万キロ   380,000円
ワゴンR 2005年式 11.3万キロ   330,000円
ワゴンR 2005年式 10万キロ    354,000円
ライフ  2004年式 10.3万キロ   298,000円
ムーヴ  2003年式 10.2万キロ   390,000円
ムーヴ  2004年式 10.1万キロ   350,000円
ライフ  2004年式  8.1万キロ   398,000円
ライフ  2004年式  8.2万キロ   358,000円

2003年式といえば新車から12年以上経った車、走行距離も10万キロ超、それがなんと39万円で売られているのです。
もちろんこの値段で買う人がいるから展示されているのです。
軽自動車は中古になっても値落ちが小さいとは聞いていましたが、実際にチェックしてみてちょっと驚きです。

これらの車、買取相場となれば、車両本体価格から15万~20万円を差し引いた程度になるでしょうか。
それにしても軽の中古車はすごいですね。
10年以上経っても10万キロを超えても通常の整備でまだまだ3年や5年は普通に使えるということなのでしょう。
日本車が優秀で壊れにくいことは世界中で定評になっていますが、軽自動車の品質、性能、耐久性等の向上も普通車に負けていないようです。

必要なメンテナンスをやっていれば、いまどきの軽自動車なら20万キロ、いや30万キロでも平気で走るかもしれませんね。

~

Tags: , ,