スーパーGTについて

モータースポーツで特に頂点の世界一速いツーリングカーといっても過言ではないスーパーGTシリーズのマシンについて語りたいと思っています。
トヨタ、ホンダ、日産といったメーカーさんのスーパーカーが再戦しているわけであるのですが特に注目なのがマシンの進化ですよね。戦うマシンに必要なことは決勝で勝てる車であること耐久力や速さマシンのバランスや空力や重量面であるとか色んなことがあげられます。
その中でマシンのセットアップにおいて必要なことは予選で一発のタイムを早く走れる車なのかそれとも決勝のロングスティントの強さなのかがあるのですよね。

各メーカーさんはそれを考えたうえでマシンのセットアップをきめていきます。ドライバーが乗りやすく速く走れるセットを見つけ出すためにはエンジニアの力が必要になってきます。
エンジニアが優秀でなくては強いマシンは作れませんよね。
特に最近は空力に力を入れているマシンが多いですよね。

空力は特にカナードといったものからエアロの形状ですがこれを上手く各サーキットの特性とマシンのエンジンの特性に合わせて開発します。
二つに分けるとするとロードラッグ仕様とハイドラック仕様ですよね。前者は最高速に照準を絞っていますのでテクニカルコースでは弱いのですよね。後者はテクニカルコースに強いですが、あまりにも空気抵抗が必要になってくるとそれが邪魔になるのでできれば空気抵抗をできるかぎりへらし多くのダウンフォースを生みグリップさせて高速コーナーでも低速コーナーでも安定して速い車が必要ですよね。このシビアなエアロの開発を各メーカーさんはしています。新型プリウス 値引き

~