守るため

自動車部品大手タカタが製造したエアバッグの欠陥問題。運転席のエアバッグが破裂して部品が飛び散る恐れがあり、死亡事故も起きている。アメリカ運輸省は、新たに4,000万個の部品の追加リコールを発表していて、アメリカでの車のリコールの規模としては、最大規模となる。

これによって、日本などでもリコール対象が増えるとみられていて、これまで、世界で6,000万台規模とされていた対象車は、1億台を超える見通しとなった。今後、自動車メーカーと費用分担を本格的に協議するが、タカタの経営は一段と厳しくなる。リコール費用が世界全体で1兆円規模に膨らむ見通しとなったためだ。費用の多くを肩代わりするメーカー各社は原因の分析を踏まえて、タカタに応分の費用を請求する方針で、その額はタカタの支払い能力を超える可能性がある。そうなった場合、タカタはどうなってしまうのだろうか。人を守るためのエアバッグが、人の命を脅かしてしまうなんて。
http://xn--navi-483c8kfb4d6275dda174gd8letvim5f16vc.net/

~user046