エコタイヤ 

これだけガソリン価格が上昇して高値安定してしまいますと、ドライバーも自己防衛の手段を考える必要がありますね。
地面と直接設置するタイヤのエコ化は重要な課題です。
ころがり抵抗軽減は今やタイヤメーカー共通の課題となっています。
クルマの中で唯一、路面と接しているのがタイヤ。「走る、曲がる、止まる」という性能を左右するのと同時に、実は燃費にも大きな影響を与えるパーツでもあるのです。
そもそも、クルマが走ったり曲がったり止まったりできるのは、タイヤと路面の間で発生する抵抗(摩擦)があるからです。
ただ、それが大きくなればなるほど、その分、加速するにも一定の速度で走るにもエンジンにかかる負担は増えるから、結果として燃費が悪くなるというワケです。
中でも、従来品に対してころがり抵抗を10%以上改善したタイヤは、グリーン購入法が定めた特定調達品として認められていますのでタイヤを購入される場合は、よく確認してエコタイヤを購入しましょう。
タイヤと言えば重要なのが空気圧なんですが、規定値よりも低いと、ころがり抵抗が増えてエコタイヤ本来の性能を引き出せないばかりか、偏摩耗を招いてタイヤそのものの寿命も縮まるなど、まさに百害あって一利なしですから、常に圧をチェックしましょう。
空気圧を規定値よりも多く入れることにより、接地抵抗が減りますから当然燃費も良くなりますが、今度は制動性能や設置摩擦の減少で滑りやすくなりますから、空気圧は規定値が一番いいと思います。
中古車買取査定・中古車一括査定比較ランキング

~

Tags: