走行試験

燃費試験用データを法令違反の方法で計測していたスズキの車を、国が独自に走行試験を実施することが明らかになった。国交省は3日に、スズキ本社を立ち入り検査していた。スズキの社内調査報告を検証するのが狙いとみられている。

立ち入り検査の際には、鈴木修会長ら関係者にも不正行為の経緯などの聞き取り調査を行った。立ち入り検査で得られた情報とスズキからの調査を精査しているところで、その結果を踏まえて適切に対処したいという。スズキが法令違反の方法で走行抵抗値を計測していたのは、2010年以降で26車種、計214万台にのぼる。スズキは不正発覚後に国が定めた正しい方法で測定し直したところ、燃費はカタログに記載されている数値を上回ったとしている。そのことからも、不正に操作する意図はなかったと主張しているが。実際のところは、わからない。だったら、正しい方法で測定していればよかったのではないだろうか。
http://xn--52now-kc4d1gmce3e8008dupwdzkb102jmpq.com/

~user046